切手査定で高額買取してもらう簡単で納得の方法

切手の査定を依頼する場合、どういった業者を選べばいいのか悩んでしまいますよね。また、その際の注意点としてどういったことが挙げられるのか、これも査定前にはぜひとも知っておきたいところです。安全に高額で納得のいく切手の買取査定するための重要なポイントをご紹介いたします。

切手の買取査定

切手の査定を依頼するのは、切手の価値そのものを知りたというのもありますが、査定価格によっては、できればそのまま買取をお願いしたいという思惑もありますよね。

切手の査定と一言で言っても、いろいろな業者があります。中には怪しい買取業者もありますので、査定の依頼時には注意が必要です。

切手の買取査定を行っている業者の種類として、街の金券ショップ、古物を取り扱っているリサイクルショップ、切手専門店などがあげられます。時にはデパートなどの催し物として切手や古銭の販売が行われることもありあますが、その際に買い取り査定も行っている場合もあります。そういったチラシが新聞やポストに入っているのを見かけ、行ってみようかなと思われた方もいるかもしれませんね。

それから、最近では、インターネットで検索すると、宅配による査定や自宅まで出張査定を依頼できるところもあります。

ではこれらの中で、どこに切手の買取査定をしてもらうのがいいのでしょうか?

基本は無料査定

切手の買取査定を依頼する場合、基本的にはどこも無料で査定してくれます。だからといって、あまり考えずに査定の依頼を出すと、思わぬところでトラブルとなることがあります。

それは、切手の買取が目的ではなく、個人情報の収集を目的として査定をする悪徳業者もいるからです。今や個人情報は売買の対象となっていますので、そういった業者に個人情報が漏れてしまうのは避けたいところですよね。

なので、営業歴が短く、会社情報などを開示していないような業者は、あとから面倒なことに巻き込まれないためにも、避けたほうが無難と言えるでしょう。

知名度の高い業者や上場している会社などに査定してもらう方が、安心して査定依頼ができるでしょう。まずはここを基準に査定業者を選ぶことをおすすめします。

しかし、安心できる業者が必ずしも買取査定額が高いかと言うと、そうとも言えないのが現実なので、難しい選択になるのですが…。

では、安心・安全と査定額とのバランスの良い納得の行業者は、どうやって選べばいいのでしょう?

切手の査定額の大体の目安

切手の買取査定額は、だいたいどんな感じかというと、基本的にバラよりもシートの方が高く買い取ってもらえます。そして、よほどのものでない限り、額面より安い査定となるのがほとんどです。状態やバラ・シートにもよりますが、額面の5割から8割程度だと思ってください。

しかし、中には高額の査定額がつく希少な切手もあります。また、使用済切手や中国切手などの海外の切手も物によって羽がつくことがありますので、たくさん所有されている方は、一度すべて査定してもらい価値を知っておくことをおすすめします。

さて、実際に切手を査定してもらうにあたり、業者選びと査定額のバランスが大事なのは理解いただけたとして、その他に気をつけることはないのでしょうか?

切手の査定依頼は意外と手間が面倒

査定業者の目星がある程度ついたところで、実際に査定してもらおうと思い気づくことが、どのような形態で査定依頼を受け付けているかということです。主な形態を挙げてみますと、以下のような方法に分類されます。

・切手をお店へ自力で持ち込む
・宅配で送り査定してもらう
・自宅へ出張査定してもらう

上から順に見ていくと、「切手をお店へ自力で持ち込む」方法ですが、これはまず、切手がダンボール箱で何箱などと大量にある場合、手で運ぶのは難しいので、車で持ち込むことになるでしょう。車の運転ができない人、車を出してくれる人がいない場合は難しい方法です。また、それなりの重さのダンボールを積み込んだりするので体力も必要となり、女性や高齢者の方には、なかなかしんどい作業でしょう。お店までの距離がかなり遠い場合も一日仕事になりかねませんので、ちょっと躊躇してしまいます。これらの手間をかけたところで、確実に高額査定してもらえるのならいいのですが、それも実際に査定してみないと分からないので、あまり良い方法とは言えません。この方法を選ぶなら、査定依頼する切手が少量でお店までの距離が近い人と言えるでしょう。

次に「宅配で送り査定してもらう」方法ですが、これはダンボール等に切手を詰め、査定してもらうお店に送り、後日査定額を聞くという方法です。手間が少なという点で、「切手をお店へ自力で持ち込む」方法よりはかなりラクです。大抵の買取店は送るときの送料は負担してくれます。しかし、査定額に納得できず、返送して貰う際の送料はこちら持ちとなります。そうなると、多少安い査定額でも戻りの送料と相殺したらあまりお得とは言えなくなりますので、多少納得の行かない査定額だったとしても言い値で売却してしまう人が多いようです。言うなれば、これが宅配査定会社が利益を上げるうえでのビジネスモデルのからくりでもあるわけです。正直に言って「残念感」が否めない方法とも言えます。もちろん、高額な査定が付く場合もありますが、これは希少な切手を所有していた場合に限るので、ある意味レアケースになるでしょう。

最後に、「自宅へ出張査定してもらう」方法ですが、これは出張査定費自体がまず無料です。この時点で「切手をお店へ自力で持ち込む」方法よりも、「宅配で送り査定してもらう」方法よりも、断然手間も時間もかかりません。そのうえ、査定されたた査定額に納得がいかなかった場合は、買取を拒否してもお金はかかりませんので、つまり、楽チンでお金がかからない方法が「自宅へ出張査定してもらう」方法となります。実際の査定額は査定士の知識によりますので、いずれの方法でも、どれかが特別高く査定されるわけではありません。むしろ、信用のおける買取業者は適正な査定額での買取を行うため、不当に安く買いたたくような真似はしないはずですから、出張査定を行っているきちんとした会社を選べば、まず間違いはないでしょう。

切手の買取査定まとめ

これまでの点から、切手の買取査定においてバランスの良い業者像というのが見えてきましたよね。査定額については適正価値にて査定結果を提示してくれ、安心・安全に取引を進められる信用のおける企業であり、査定における時間的労力的な手間がなるべくかからない業者ということになります。

これらの条件をすべて満たしている業者を探してみたところ、該当するぴったりな業者が見つかりました。それは、切手買取の【バイセル】です。安心できる企業であることの証明は、有名タレントの坂上忍さんをイメージキャラクターとしてTVCM等に起用していることからも伺えます。



切手買取の【バイセル】は、出張査定を日本全国どこでも無料にて行っています。また、査定は持ち帰りではなく、その場で査定し査定額に納得できれば、現金にてその場で即支払いしてもらえます。そして、「他店より買取金額が1円でも安ければ全品返却いたします!」と歌っていますから、査定額に対しても大きな自信があるのでしょう。よく悪徳業者との間で起こるトラブルなのが、高額な査定額を提示して商品を持ち帰り、振込の段階で査定額を低く変更してくるケースです。しかし、その場で現金支払いをしてくれる【バイセル】ならそういった心配ももちろんありえません。それどころか、一度は提示された査定額に納得して売却したものの、気が変わってしまった場合なども、契約後のフォローコールで対応してもらえるので、アフターフォローも万全です。

利用者にとってここまでデメリットを払拭し、安心して取引のできる条件を満たした買取業者は、【バイセル】以外にそうそう見つからないことでしょう。切手の出張査定における素朴な疑問点などは、【バイセル】のサイト上にある無料のお問い合わせ電話から気軽に質問してみてください。感じの良いオペレーターが疑問点に的確に答えてくれますので、ぜひ気軽に活用してみるといいと思いますよ。

>>>切手の買取【バイセル】のサイトを見てみる

ちなみに郵便局では、1枚に付き5円の手数料を払うことで他の切手や葉書と交換も可能ですが、現金に換金することはできません。あまりに低い査定結果の切手のみ買取してもらわずに残しておき、郵便局で手数料を払って切手や葉書(年賀はがき)に変えたほうがお得かもしれませんので、この方法も忘れずに覚えておいてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする